目次

数式, リアルタイムOS, 軽量マークアップ言語

+
その他

特徴 | OutlineText (軽量マークアップ)

ここでは, OutlineTextの特徴を示します.

OutlineTextの特徴は以下のとおりです.

  • プレーンテキストでの見た目がそのままウェブページに反映
  • 文章のアウトラインを見えやすく
  • 見た目が分かりやすい文章は,読みやすく書きやすい
OutlineText (軽量マークアップ) | Welcome!
OutlineText
OutlineText

OutlineTextは, プレーンテキストの段階で文章のアウトラインを分かりやすくするために開発された軽量マークアップ言語です. 他の軽量マークアップ言語(Markdown, AsciiDoc, ReStructuredText, …)と異なり, インデントは文章の階層構造を表します. このことで, 文章の階層構造が視覚的にわかりやすくなります.

OutlineTextの実行例をご覧になりたい時はこのウェブページを参照してください. このウェブページはすべてOutlineTextで書かれています. OutlineTextのプレーンテキストは, ウェブページ右下にあるこのページのソースコードを表示をクリックすることで, 確認できます.

すぐに試してみたい方は, 以下のページから
すぐに試す

発振回路, 回路
正電圧矩形波発振回路 | レシピ集

OPアンプ(オペアンプ)を使ったCR型矩形波(方形波)発振回路です. 抵抗の値で発振周波数が変化します. グランドと電源電圧間で発振し, マイコンなどのデジタルICに最適です.

Arduino, OS
Arduino上で走るOSの作り方 | Arduino

OSは日常のあらゆる場所で目にします. パソコンには必ずと言っていいほどOSが走っており, 携帯, ゲーム機などにもOSが走っております. このような普段よく使うOSですが, そのOSの仕組みを分かっていても, 実際どのように作るのかはよく知られておらず気になります.

このページでは, 実際にArduinoで動くOSを作成することで, OSの理解を深めます. 使用するプログラミング言語はC言語です. (作成といいましても, すでに在りますFreeRTOSから必要な機能を抜き出し, Arduinoで動くようにしました.) なお, 今回扱うOSは汎用OSではなくリアルタイムOS(RTOS)と呼ばれるものです. 汎用OSとは, すべてのタスクに等しく優先度が与えられますが, RTOSではタスクごとに優先度を設定できます.

話の進め方ですが, 今回のOS製作では実装に重きを置くため, コードを中心に話を進めていきます. 各コードごとに簡単な説明を行い, その中で特に重要な部分―OSの仕組みに深くかかわる部分―もしくはさらに詳しい説明については別ページで行います. これら別ページ―詳細ページ―は子コンテンツである"仕組み"にまとめられています.

話の流れは次のとおりです.

  • RTOSとは
  • 目標と使い方
  • 準備
  • ファイル構成
  • スクリプト
  • ボードの設定
  • 仕組み

対応状況

  • Arduino UNO
  • Arduino Mega

動作確認済み環境

  • Arduino IDE 1.8.10
  • Arduino AVR Boards 1.8.1
文法
文法一覧 | OutlineText (軽量マークアップ)

ここでは, OutlineText の文法を示していきます. 基本的に Markdown と似せていますが, インデントに対する挙動が異なります. 見やすい文章を書くことを注意すれば, OutlineText は自然に解釈し構造化します.

「https://contentsviewer.work/Master/:tagmap/数式,リアルタイムOS,軽量マークアップ言語?layer=ja」から取得