目次

ContentsViewer | Welcome!
ContentsViewer
ContentsViewer

自身が作成したもの, 見つけたものを公開する方法の一つに, インターネットを利用したWebPageの公開があります. この方法は他の方法(本の出版など)と比べ低コストで行うことが可能です. これは, 無料のレンタルサーバ, ページ編集ソフトなどのおかげです.

ContentsViewerはページ編集ソフトの一種です. 詳しく言うと, WebPageに関する機能を持つモジュールの集合です. ソフトの作りを簡単にして, カスタマイズ-デザイン, コンテンツ管理法, コンテンツ記法など- を簡単にできるようにという目的で開発しました.

ContentsViewerがどのようなものであるか知りたい方はこのWebPageを参考にしてください. このウェブページはすべてContentsViewerによって表示されています.

このシステムは古いです!

このシステムは, アップグレードされ, CollabCMS となりました. このシステムが持つモジュールは分離され, ContentsViewerはCollabCMSのモジュールの一部となりました.

CMS
導入方法 | ContentsPlanet (CMS)

ここでは, 本CMSの導入方法を説明します.

すぐに使用したい方は, 項目のはじめるをご覧ください.

ContentsPlanet (CMS) | Welcome!
ContentsPlanet
ContentsPlanet

ContentsPlanet は, 次の三つの特徴を持つWebコンテンツ管理システム(CMS)です.

  • OS標準のファイルシステムを介した他システム(Git, FTP, GitHub, GitLab, OneDrive, Google Drive, …) との連携
  • アウトラインの視認性と可読性を考慮したエディタに依存しないコンテンツ記述軽量マークアップ言語
  • ディレクトリを超えたコンテンツの検索性とトピックモデルに基づいたコンテンツ管理(自動タグ付け, 自動カテゴライズ, 関連提示)
CollabCMS | Welcome!
CollabCMS
CollabCMS

CollabCMSは,コンテンツを中心に置き,コンテンツに対して様々なアプローチをとることができる ウェブコンテンツ管理システム(CMS: ContentsManagementSystem)です.

多くのCMS(フラットファイル型,データベース型にかかわらず)は,システムを通してコンテンツファイルを編集することを前提にしています.CMS上でコンテンツ編集中に,生のファイルを編集することは多くの場合想定されていません.

CollabCMSは,コンテンツファイルとそのファイル構造をデータベースの基本とします.システムを通さずにコンテンツを変更,移動,削除しても正しく動作します.ある人が,CMS上でコンテンツを編集中に,ほかの人が生のファイルを編集できます.

コンテンツの編集で,多くのCMSは編集画面上にいろいろなツールを用意して,文章作成の補助をしています.ですが,その機能は編集画面を開いているときのみ有効であり,ファイルそのものを編集している際にはまったく意味を成しません.

CollabCMSでは,コンテンツファイルに可読性,可視性の高い記法を採用し,コンテンツファイルそのものが,文章作成の手助けをしてくれます.よく使われる記法(Markdownなど)は,セクションレベルにかかわらず,すべて左寄せで書かれますが,採用した記法は,インデントが挟まれます.これにより,文章の階層構造(アウトライン)が見やすくなり,書きやすくなります.

CollabCMSは,基本的なコンテンツ管理機能を持ちます.例えば,コンテンツの追加,編集,移動,削除のほかに,画像などのファイルをサーバーにあげることなどが可能です.ユーザごとのコンテンツ管理や非公開設定が標準で行えます.

標準で足りない機能は別のアプリケーションに任せてしまうことが可能です.例えば,バージョン管理をGitを用いて行うことができます.さらに,コンテンツフォルダをクラウドストレージ(Google Drive,OneDriveなど)と同期させ,クラウドを通してコンテンツを編集することができます(その場合,パソコンで好きなエディタで編集できるでしょう).

このように,CollabCMSは,システムでありつつもコンテンツファイルをベースにするため,コンテンツをファイルとしてみることができ,コンテンツへ対して様々なアプローチをとることができます.

一般的なCMS
一般的なCMS
CollabCMS
CollabCMS

個人~中規模のコンテンツ管理を想定しています.以下の方にお勧めです.

  • 個人利用での備忘録
  • サークルなど中規模の情報共有

CollabCMSの特徴は以下のとおりです.

  • ディレクトリ,コンテンツファイルベース管理
  • キャッシュ利用による速いレスポンス
  • コンテンツ表示と編集
  • コンテンツあいまい検索
  • ユーザごとのコンテンツ管理と非公開設定
  • 読み/書きやすい文章作成支援フォーマット
  • データベース(MySQLなど)を使用しない
  • SSL(TLS)を使用できない環境でのある程度のセキュリティ
  • クラウドストレージサービス(GitHub,GitLab,Google Drive,OneDrive,…)との連携
  • ローカリゼーションに対応
  • タグを用いた変動的なカテゴライズ

CollabCMSの対応環境は以下のとおりです.無料のレンタルサーバでも動くようにしています.

  • Apacheウェブサーバ上でphpが動作できること(php7.0.x以上)
  • phpがファイルの操作を行えること

このシステムの前バージョンはContentsViewer でした.ContentsViewerはCollabCMSのモジュールの一部になりました.

このシステムは古いバージョンです

version 2020.08.31 から, 本CMS名をCollabCMSからContentsPlanetへ変更しました.

このページは, version 2020.Jun.26までのバージョンに関する情報です.

新バージョンContentsPlanetに関する情報は, [Welcome!/ContentsPlanet (CMS)]を参照してください.

コンポーネント | 仕組み

本CMSは, ルート部, フロントエンド部, モジュール部, サービス部, クライアント部に分かれます.

各部の詳細を説明します.

コンポーネント | 仕組み

CollabCMSは, ルート部, フロントエンド部, モジュール部, サービス部, クライアント部に分かれます.

各部の詳細を説明します.

導入方法 | CollabCMS

ここでは, CollabCMSの導入方法を説明します.

すぐに使用したい方は, 項目のはじめるをご覧ください.

セッション認証
Digest認証とセッション認証を組み合わせた認証の提案 | セキュリティ

本稿では, Digest認証, およびセッション認証の欠点を互いに補うあう, 二つを組み合わせた認証方法を提案する.

まず, Digest認証とセッション認証について簡単に説明したのち, 本題に入る.

フォーム認証
Digest認証とセッション認証を組み合わせた認証の提案 | セキュリティ

本稿では, Digest認証, およびセッション認証の欠点を互いに補うあう, 二つを組み合わせた認証方法を提案する.

まず, Digest認証とセッション認証について簡単に説明したのち, 本題に入る.

ダイジェスト認証
Digest認証とセッション認証を組み合わせた認証の提案 | セキュリティ

本稿では, Digest認証, およびセッション認証の欠点を互いに補うあう, 二つを組み合わせた認証方法を提案する.

まず, Digest認証とセッション認証について簡単に説明したのち, 本題に入る.

PHP
Digest認証とセッション認証を組み合わせた認証の提案 | セキュリティ

本稿では, Digest認証, およびセッション認証の欠点を互いに補うあう, 二つを組み合わせた認証方法を提案する.

まず, Digest認証とセッション認証について簡単に説明したのち, 本題に入る.

アプリ
TranslatePreprocessor: 段落を保持するグーグル翻訳ペースト前処理機 | Webツール

英語論文PDF内の英文をグーグル翻訳にペーストする際, 同じ段落にもかかわらず改行が含まれており, 正しく翻訳できません.

これまで多くの方法が提案されています[1][2][3]が, 基本的に改行を削除しているだけで, 複数の段落が一つの段落になる問題があります.

そこで, 段落を保持したまま改行を取り除く前処理機を紹介します. 入力した文章を行ごとに処理し, 行文字が他と比べて少ない場合は, 改行をそのままにします.

英語PDFからの文字列を対象としていますが, 処理としては, 文字数と改行コードを見ているだけなので, 日本語などほかの言語にも対応しています.

ツール
TranslatePreprocessor: 段落を保持するグーグル翻訳ペースト前処理機 | Webツール

英語論文PDF内の英文をグーグル翻訳にペーストする際, 同じ段落にもかかわらず改行が含まれており, 正しく翻訳できません.

これまで多くの方法が提案されています[1][2][3]が, 基本的に改行を削除しているだけで, 複数の段落が一つの段落になる問題があります.

そこで, 段落を保持したまま改行を取り除く前処理機を紹介します. 入力した文章を行ごとに処理し, 行文字が他と比べて少ない場合は, 改行をそのままにします.

英語PDFからの文字列を対象としていますが, 処理としては, 文字数と改行コードを見ているだけなので, 日本語などほかの言語にも対応しています.

Webツール | Welcome!

Web(ブラウザ)上で動く各種ツール

「https://contentsviewer.work/Master/TagMap/Web?layer=ja」から取得