目次

シリアル通信

Arduino, Python, トラブルシューティング
シリアルモニタを開くまでArduino-Python間のシリアル通信のデータ破損 | トラブルシューティング

ArduinoとPython間のシリアル通信で, Arduino側から送られたシリアルデータをPythonのpySerialモジュールで読み込むと, 破損したデータ-予想していないデータ-を受信する. だが, 一度Arduinoのシリアルモニタでデータを確認すると正常に受信できており, それ以降, pythonの方でも正常に受信できる.

pythonで受信. 予期しないデータが受信されている
pythonで受信. 予期しないデータが受信されている

本稿では, 上記の問題の原因と解決方法について述べる.

「https://contentsviewer.work/Master/TagMap/シリアル通信?layer=ja」から取得