目次

Unicode, トラブルシューティング

ライブラリ
C++でUnicode文字列(UTF-8, UTF-16, UTF-32)を扱うライブラリ | C++ライブラリ

本稿では, C++でバージョンに左右されずに文字を扱うために, 以下の機能を持つライブラリを紹介します.

  • 型依存しないUTF-8, UTF-16, UTF-32間の相互変換
  • UTF-8, UTF-16文字(コードポイント)ごとのイテレート
  • 標準イテレータを使ったイテレート
  • 型依存しないイテレータの対応
Cpp, UTF-8, UTF-16, UTF-32
C++でUnicode文字列(UTF-8, UTF-16, UTF-32)を扱うライブラリ | C++ライブラリ

本稿では, C++でバージョンに左右されずに文字を扱うために, 以下の機能を持つライブラリを紹介します.

  • 型依存しないUTF-8, UTF-16, UTF-32間の相互変換
  • UTF-8, UTF-16文字(コードポイント)ごとのイテレート
  • 標準イテレータを使ったイテレート
  • 型依存しないイテレータの対応
C++で学ぶUnicodeの基本とUTF-8, UTF-16, UTF-32の相互変換アルゴリズム | プログラミング

広く使われているUnicode規格を理解し, エンコーディングの手法, UTF-8, UTF-16, UTF-32, を理解して, 多言語の文字コードを扱えるようになることを目指します. 具体的に, UTF-8, UTF-16, UTF-32間の変換方法をC++で実装し, 手法はできるだけ速い方法を用います.

アルゴリズム, プログラミング
C++で学ぶUnicodeの基本とUTF-8, UTF-16, UTF-32の相互変換アルゴリズム | プログラミング

広く使われているUnicode規格を理解し, エンコーディングの手法, UTF-8, UTF-16, UTF-32, を理解して, 多言語の文字コードを扱えるようになることを目指します. 具体的に, UTF-8, UTF-16, UTF-32間の変換方法をC++で実装し, 手法はできるだけ速い方法を用います.

シリアル通信, Python
シリアルモニタを開くまでArduino-Python間のシリアル通信のデータ破損 | トラブルシューティング

ArduinoとPython間のシリアル通信で, Arduino側から送られたシリアルデータをPythonのpySerialモジュールで読み込むと, 破損したデータ-予想していないデータ-を受信する. だが, 一度Arduinoのシリアルモニタでデータを確認すると正常に受信できており, それ以降, pythonの方でも正常に受信できる.

pythonで受信. 予期しないデータが受信されている
pythonで受信. 予期しないデータが受信されている

本稿では, 上記の問題の原因と解決方法について述べる.

Arduino
シリアルモニタを開くまでArduino-Python間のシリアル通信のデータ破損 | トラブルシューティング

ArduinoとPython間のシリアル通信で, Arduino側から送られたシリアルデータをPythonのpySerialモジュールで読み込むと, 破損したデータ-予想していないデータ-を受信する. だが, 一度Arduinoのシリアルモニタでデータを確認すると正常に受信できており, それ以降, pythonの方でも正常に受信できる.

pythonで受信. 予期しないデータが受信されている
pythonで受信. 予期しないデータが受信されている

本稿では, 上記の問題の原因と解決方法について述べる.

「https://contentsviewer.work/Master/:tagmap/Unicode,トラブルシューティング?layer=ja」から取得