目次 このページのソースコードを表示
公開日:
更新日:

bashでもなく, zshでもなく, cshでもなく, 純粋なshで動く, テトリスの公式ガイドラインにそったテトリスを作りたい.

このゲームについて

純粋なshell環境で動作するテトリス ゲーム です.

2009年度版のテトリスのガイドラインにそって製作しました.

URL: Tetris Guideline. Tetris Wiki. accessed at 2020-05-23

システム

実装したシステム
  • Hold Queue
  • Next Queue
  • Random Generation with Bag System
  • Score System
  • Variable Goal System
  • T-Spin / Mini T-Spin
  • Back-to-Back Bonus
  • Extended Placement / Infinite Placement / Classic Lock Down
  • Super / Classic Rotation System
  • Changing the Starting Level
実装できてないシステム
  • Ghost Piece

ダウンロード

遊び方

        $ git clone https://github.com/ContentsViewer/sh-tetris.git
        $ cd sh-tetris
        $ chmod 755 ./tetris
        $ ./tetris

動作対応環境

Linux sh
FreeBSD sh
BusyBox sh
Solaris sh

感想

bashと比較して文法やコマンドの機能が制限されており, 複数のコマンドで足りない機能を補う必要があった. そのため, 同じ機能でもコマンドの実行数が多くなったり, コード設計が複雑になりやすかった.

使えないコマンドオプションで, read -s -n 1があったのだが, これは, エコーバックなしで, キーボードから一文字取得という機能を持つ. ゲームのキーボード操作に非常に適していたのだが, sh で使えなかった :-(

Solaris sh にも対応したかったが, フレーム速度の問題で断念した. Solaris では, 算術式展開$(( ))が使用できなく代わりに, exprコマンドを使用しなければならないのだが, このコマンドが致命的に遅く, フレームの速度が十分でなかった.

どうしてもゲームのフレーム更新速度がbashと比較して遅くなりやすく, 無駄な処理は致命的で, その緊張感が面白かった :-)

完成に近くなるにつれて, デバッグのつもりが遊んでしまい, 開発速度が遅くなるのを何とかしたい.

「https://contentsviewer.work/Master/ShellScript/Apps/Tetris/Tetris」から取得